ビジョン速読をした子ども達の声

12月10日にひばりヶ丘校、府中校で「ビジョン速読講座」を開催しました。

今回の“1番読んだで賞”は、40分で27冊読んだMOくん(小4)でした。

一冊約2分弱で読んでいったことになりますね。

これまでに1番読んだ子どもは、50分で35冊ですので、もう少したくさん読んだことになります。

こんなに早く読んで、読んだことになるのかと心配される保護者の方もいらっしゃいます。

毎回講座の終わりに子ども達に「今日読んでみて、どんな風に読めたとかを教えてください。」と聞いていますので、子ども達の生の声を聞いてみましょう。

 

「自分が本の世界に入った」(小3男の子)

「主役になってたよ」(小2男の子)

「電車の本のとき、自分が運転している感じだった」(小2男の子)

「本の内容がアニメになって見えた」(小6男の子)

「文字しか書いてないのに、漫画になって見えてた」(小4女の子)

「しゃべっている声が聞こえた」(小3女の子)

「主人公の気持ちが、ずっと浮かんできた」(小4男の子)

「いつもよりストーリーがスッと入ってきた」(小4女の子)

 

いかがでしょうか。

楽しげな様子が伝わってくるのではないでしょうか。このように体感を伴った読書体験をしているのに、親御さんも驚かれます。

楽しいので、子どもから参加するという声もいただくことが多いのです。

速読が身につくために、ご家庭での子どもへの関わりの中で気をつけた方がいいことがあります。

速読で読めているかどうか、親御さんとしては気になるところです。

そこでつい、家で本を読んでいる我が子に対して、「習ったんだから、速読で読みなさい」と言いたくなります。しかし、まだ速読が身についていないうちに、こういう言葉かけをされ続けていると、監視されているかのような気持ちになってきます。

本を読むという体験は、楽しいものであって欲しいと思います。楽しいからさらに本を読みたくなるのです。

 

「速読」は手段です。身につけたいのはわかりますが、「速読」ができるようになるために本を読むのではありません。

速読が身についたかどうかは、いつのまにか本をたくさん借りてくるようになったり、気がつくと、パラパラめくるように本を読んでいる姿を見るようになったりしたら、身についたなと思ってください。

「どんな話だったの?」と聞くのはいいのですが、まだまだ言葉にするのは苦手な子どもが多いので、うまくまとめて言えなかったりすることが多いです。そうすると、親御さんががっかりすると、その様子を見て劣等感や苦手意識を持ったりすることがあります。

特に低学年の子どもは、言葉にできないのが当たり前というくらいに思ってあげましょう。

楽しい読書が、できているかできていないかにこだわることで、ツライ読書になると、将来本を読むのを嫌がるということにもなりかねません。

読書は楽しいもの♪

そんな体験をさせてあげたいですね。

 

 

(速読しているところの動画です。)

12月10日開催の「ビジョン速読講座」での子どもの様子です。90分の講座に数回参加するだけで、速読ができるように・・・子どもってスゴい!!!

福島 美智子さんの投稿 2017年12月11日(月)

 

 

福島 美智子

福島 美智子RAKUTOグループ代表

投稿者プロフィール

脳科学学習塾RAKUTO代表。『最強の子育て(すばる舎)』著者。脳科学・心理学をベースにした児童向け教材開発者。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. それでは、今回も音声アプリに新しいコンテンツをアップしましたので、よろしければお聞きくださいね。 …
  2. 先週末から火曜日まで、3回に渡ってテレビ局の取材を受けました。放映されるようでしたら、お知らせしよう…
  3. 12月10日にひばりヶ丘校、府中校で「ビジョン速読講座」を開催しました。 今回の“1番読んだで賞”…
2018年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

最近の投稿

  1. 2018-6-7

    夏の企画「マッピングコンテスト」「子ども向けノート術セミナー」

    「子ども向けノート術セミナー」 〜〜ご案内〜〜 風薫る季節となりました。いかがお…
  2. 2018-1-18

    第3回【学習の質ってなぁんだ?】

    それでは、今回も音声アプリに新しいコンテンツをアップしましたので、よろしければお聞きくださいね。 …
  3. 2018-1-18

    アメリカンスクールの先生が言っている大事なことって?

    先週末から火曜日まで、3回に渡ってテレビ局の取材を受けました。放映されるようでしたら、お知らせしよう…
  4. 2018-1-4

    第2回【学習の量をやらせる工夫とは?】

    第2回【学習の量をやらせる工夫とは?】 今回は「学力を向上させて自ら学ぶ力を育てる秘訣」の2回目で…
  5. 2018-1-4

    第1回【学力が上がる公式があるのを知っていますか?】

    新年おめでとうございます。 この度「天才脳を育てる」というテーマで、様々な話を、音声プラットフォー…
ページ上部へ戻る