1. HOME
  2. ブログ
  3. 生徒の声
  4. 保護者の声
  5. H.Sくん(小3)のお父様

RAKUTO情報

RAKUTO Information

H.Sくん(小3)のお父様

RAKUTOは、 グローバル対応の教育をしている。

親として、将来残してあげられるものとして、物的なものでも金銭的なものでもなく、子どもに身につけさせたいと思っていたリテラシーの教育をしていた。

国際社会の中で必要とされているのが、速読や速聴、マインドマップで、自分の知識や経験をまとめていき、記憶を定着させるというノウハウが、グローバルな社会では、基本的なリテラシーとなっていると思う。

RAKUTOは、そのようなグローバルなリテラシーをつけられる教育をしてくれている。

以前は、2倍速や3倍速でもアップアップだったのだが、今では、読むスピードも上り、8倍速までは聴けるようになった。

RAKUTOは、大人になっても必要とされる学習能力が、幼く小さいあいだに、習得できるというところです。

関連記事