トップページ  >  キンダーコース|RAKUTO年中・年長コース
コース案内

幼児期にしかできない"天才脳"を育てよう!

将来の学習につながる"作業記憶"の範囲を大きく広げると、一度にたくさんのことを考え、複雑な問題を解くことができるようになります。 その"作業記憶"をつくりやすいのは、幼児期です。

  • 2学年上の算数(ハイレベル)を短時間で解ける
  • 立方体の切断面が頭の中でイメージできる
  • IQ200になった
  • 国語の文章が頭の中にイメージでき、読解力が増した
  • なんでも憶えるのが早くなった

このように、"作業記憶"の範囲が大きく広いと、天才的なひらめきや脅威的なスピードで答を出したりできるようになります。

賢い子の特徴の1つは「頭の中で作業」することができます。

たくさんの「作業」ができれば、できるだけ賢いとなります。そのためには、まずイメージすることができるようにしていく必要があります。

そうして、そのイメージしたものを頭の中に記憶して、問題に合わせて考えていけるようになるのです。

キンダーコース授業内容

キンダーコースでは、「体感記憶」「ストーリー記憶」「空間把握記憶」「たしざんソング」「図形イメージ」「量感イメージ」「文章読解イメージ」「漢字のなりたち」を50分の授業で毎回学んでいきます。

  • "作業記憶"の基礎になるイメージ力をあげる「イメージ記憶」
  • "作業記憶"をひろげて小学生で算数ができるようにする「かず」
  • "作業記憶"を使って小学生で国語の読解力につなげる「ことば」

この3種類の能力を教具やカード、歌、プリントを使って楽しく身につけていきます。

キンダーパズル

イメージ記憶

「体感記憶」

からだを使って踊って憶える四字熟語。
四字熟語の意味を音楽に合わせて歌って踊るので、楽しくイメージできるようになります。

「ストーリー記憶」

イラストが描かれたカードの順番をストーリーで憶えていきます。この能力が磨かれていくと、大量のものを早い時間で憶えることができるようになります。

「空間把握記憶」

楽しいキャラクターや文字、図形などを使って脳の中の空間認識力を伸ばしていきます。この能力が磨かれていくと、図形の展開図などが頭の中でイメージできるようになります。

かず

「たしざんソング」

歌をつかって憶えていきます。"かず"が増えていく規則が、歌を歌いながら身につきます。

「ずけいイメージ」

タングラム、立体図形、サイコロの展開図を使って頭の中の図形認識力を伸ばしていきます。この能力が磨かれていくと、平面図形や立体図形が頭の中でイメージできるようになります。

「量感イメージ」

棒積み木をつかって、くり上がりある足し算やくり下がりのある引き算などが頭の中でイメージしながらできるようにしていきます。この能力が磨かれていくと、頭の中で計算が素早くできるようになったり、文章問題への理解も早くなります。

ことば

「文章読解イメージ」

ものがたりを読んで、あらすじを楽しく四コママンガにしていきながら、読解力のもとになるあらすじがとれるようになっていきます。この能力が磨かれていくと、頭の中でものがたりを再現できるようになります。

「漢字のなりたち」

小学1年生で習う漢字を、なりたちからイメージして絵を描きながら憶えていきます。いつのまにか、漢字が読めるようになります。

キンダーコース

キンダーコーステキスト

授業回数:1ヶ月に3〜4回(年間43回)
授業時間:1回50分
定員:グル−プレッスン(定員6名)
対象学年:年中、年長、小1







RAKUTO資料請求 脳科学で学習する!楽しい学習塾RAKUTO体験会
ページの上に戻る