1. HOME
  2. 魔法の授業の特徴
  3. マッピング(マインドマップ)とは

魔法の授業の特徴

Magical Study

ノートの取り方を変えると頭がよくなる?
マッピング(マインドマップ)とは!?

授業のノートが変わってる?勉強しているとは思えない?
絵を描いている?イタズラ書きみたいなノート?

子ども達の授業中のノートには、絵が真ん中にドンと描かれており、その周りのアチコチに言葉が書かれている。このノート、一見すると落書きのようだけど・・・実はこれ、整理したり、分類したり、記憶するのに、とてもいいノート術なんです。

RAKUTOは、ノートの取り方が学べ、
思考力や表現力、記憶力が身につく
小学生のための脳科学学習塾

「ノートの取り方を変えれば、成績アップ!?」
「ノートの取り方を変えるだけで、思考力が身につく?」
「ノートの取り方を変えると、自発力が伸びる?」

これは中心の主題(テーマ)から、関連する言葉を、枝のようにつないでいくことで、記憶の整理や発想がしやすくなる『マッピング』というノート術なんです。

現在、マッピングは、大学などの教育現場ではよく使われ、GoogleやApple、IBMといった世界的大企業、スポーツ団体、官公庁など、様々な組織で活用されています。

自分の脳の中で散らばっている言葉や情報を、地図のように枝を伸ばしながら描いていくと、それらの情報が視覚化され、整理されていきます。

ノートの取り方を変えると成績がアップし
頭がよくなるノートの取り方とは?

理科のノート?真ん中にハチが描いてある・・・頭には「眼」があって、眼には「単眼と複眼」があって・・・単眼は「明るさ」や「光の方向をみる」だろうなぁ・・・

ということが、昆虫のことを知らなかったとしても言葉が頭の中でイメージできませんか?

マッピングで描いていると大人になっても活用できるチカラを
小学生期に育むことができるのです

《思考力》
思考が整理され自分の意見をスラスラ伝える

《記憶力》
物事をつなげて考え記憶力がグングン高まる

《発想力》
頭の中でアイディアが湧き出し発想力がアップ

《自発力》
地頭力がつき自ら答えを導き出せる

実際にマッピングでノートを取る子ども達の反応は?

Q.こういうふうにノートを取ると覚えやすい?

「覚えやすい」

Q.あとで見直したりする?

「見直したりあまりしない。頭の中でちゃんと整理してあるから、そんなに見直さなくても覚えちゃう。」

Q.RAKUTOへ来る前と、今とで成績はのびた?

「のびた!のびた!」
(即答でしたww)

全く新しいノートの取り方
これを実践することで、子どもの何が鍛えられるのか?

主に思考力や記憶力が鍛えられます。テスト勉強の時に重要事項を覚えるのに役立ち、テスト本番の時に記憶を引き出しやすくなります。また、スポーツの現場でも、全体を俯瞰してみるチカラを養えるので、試合の時に冷静になりやすくなります。

ほかにも、わからない箇所を自分でまとめると、理解できるようになるので、ノートの取り方を工夫しながら、自発力も育つようになります。