1. HOME
  2. コース案内
  3. 脳力開発キンダーキッズ
  4. うさぎ・こひつじクラス(対象:4〜6歳)

脳力開発キンダーキッズ

KINDER KIZ

脳力開発キンダーキッズ

うさぎ・こひつじクラス(対象:4〜6歳)

「勉強のセンス(地頭力)」を育てるには、
まずは“記憶力”と “想像力”から!

考えるとき、私たちは頭の中で考えます。それは、頭の中で“想像する力”をつかっているから考えることができるのです。

また、難しい問題を考えるとき、一度に多くの知識をつかって考えています。これは、頭の中に貯蔵している知識や、今みているものを覚えていて、それらを組み合わせる必要があります。このとき必要な力は“記憶する力”です。

これらの“記憶力”“想像力”は、幼児期に伸びやすいのです。

大量記憶

「体感記憶」

からだを使って踊って憶える四字熟語。四字熟語の意味を音楽に合わせて歌って踊るので、楽しくイメージできるようになります。

「ストーリー記憶」

イラストが描かれたカードの順番をストーリーで憶えていきます。この能力が磨かれていくと、大量のものを早い時間で憶えることができるようになります。

「空間把握記憶」

楽しいキャラクターや文字、図形などを使って脳の中の空間認識力を伸ばしていきます。この能力が磨かれていくと、図形の展開図などが頭の中でイメージできるようになります。

かず と かたち

「たしざんソング」

歌をつかって憶えていきます。”かず”が増えていく規則が、歌を歌いながら身につきます。

「ずけいイメージ」

タングラム、立体図形、サイコロの展開図を使って頭の中の図形認識力を伸ばしていきます。この能力が磨かれていくと、平面図形や立体図形が頭の中でイメージできるようになります。

「量感イメージ」

棒積み木をつかって、くり上がりある足し算やくり下がりのある引き算などが頭の中でイメージしながらできるようにしていきます。この能力が磨かれていくと、頭の中で計算が素早くできるようになったり、文章問題への理解も早くなります。

ことば

「文章読解イメージ」

ものがたりを読んで、あらすじを楽しく四コママンガにしていきながら、読解力のもとになるあらすじがとれるようになっていきます。この能力が磨かれていくと、頭の中でものがたりを再現できるようになります。

「漢字のなりたち」

小学1年生で習う漢字を、なりたちからイメージして絵を描きながら憶えていきます。いつのまにか、漢字が読めるようになります。