fbpx
  1. HOME
  2. コース案内
  3. バイリンガル英語
  4. RAKUTOの英語

バイリンガル英語

RAKUTOの英語コース

バイリンガル英語

RAKUTOの英語

バイリンガルに育てよう!
グローバル社会に通用するバイリンガル英語

「文法」英語から「総合」英語へ!読む、書く、聞く、話すが総合的にテストされます。

企業でも当たり前のように「使える英語」が求められる時代です。
そしてそれに向けて…小学校でも英語が必修化されます!

  • 今までの英語のやり方でいいのかしら…
  • 英会話スクールは楽しいけど、「楽しい」だけで大丈夫?
  • うちの子は着いていけるのかしら?
  • どうやって英語をやらせたらいいの!?

お母さんお父さんの学生時代を思い返してみて下さい。

  • 全く話せない!
  • ネイティブの話すスピードが早過ぎて聞き取れない!
  • 文章を読むのが遅すぎる! 1冊なんて読み切れない…
  • 英語で文書を書くなんて無理!

中学・高校で6年間も英語を勉強したのに…

「でも、うちの子は海外に行かせる予定なんてないしねえ…」

本当にそうでしょうか?

今や全世界のインターネットページの約55%が英語で書かれている時代です。 ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学など、超有名大学の講義がインターネットで無料で視聴できる時代です。もちろん英語オンリーです。 ビジネスでは当たり前のように求められる、英語での資料作成やプレゼンテーション、メールに会議…

そして2020年の東京オリンピック。

こんな時代の波に押されて、とうとう日本の小学校でも英語が「教科として」「必修化」される事になりました。あなたのお子さんが、自由に世界に羽ばたいていける能力を持たせたいと思うのが親心ではないでしょうか。

本当に身につく英語をやらせたい!と思いませんか?

でもどんな英語がいいのでしょう?

それにはグローバル社会で求められる人材像と深い関係があります。これからのグローバル社会で求められる人材とは…

  • 留学や海外ビジネスの場でしっかり文を読み、考え、発言し、文書をまとめられる人
  • 日本人として共用語(英語)を使いこなし、日本人としての考えを物怖じせずはっきりと主張できる人
  • 日本だけではなく世界的な視点を持ち、その上で日本人として問題解決に向けて深く思考できる人

そんな夢みたいな英語?あるんです!!

コンテンツ言語統合教育「CLIL」(Content Language Integrated Learning)を使って、英語「を」学ぶだけではなく、英語「で」学びます。まるで英語圏の国の授業のように、サイエンス実験(月1回)や工作(毎週)を行います。

英語は「学ぶ」だけのものではなく「使う」ものである! 英語「で」「考える」基礎力がぐんぐん身につきます。

先生が読んでくれる楽しい絵本の時間に、言葉としての英語だけではなく、英語圏の文化や生活、英語の世界にどっぷり浸ります。いざ、多様文化の世界へ!

多読

英語を訳さないまま、とにかくたくさんの本を読む! たくさん読むから「英語を読む」ことに抵抗がなくなる! 知らず知らずの内に何百ページも読んでいる! そんな今話題沸騰の「多読」を使用!!

速読

子ども速読術「ビジョン速読」のシニアリーディングコーチが開発した速読が、なんと英語でも! 極めればネイティブより早く読める!?

高速リスニング

「読む」だけではありません、RAKUTOの看板メソッドの一つでもある「高速リスニング」を使って、耳からも超速で英語をインプット! 同じ時間で何度も聞くから大量にインプットでき、早いスピードに慣れるからネイティブ英語もばっちり聞こえるようになります!

イングリッシュシャワー

授業はもちろんオールイングリッシュ! ジェスチャーやイントネーションで初めてのお子さんにも分かりやすく、にも関わらず英語を理解しようとする「脳」力がぐんぐん育ちます!

日常生活で必要な基本フレーズから、将来的には留学やビジネスで必要になる、「英文書が書ける」確かな文法力まで。